歌詞

桜の花が咲く頃に(Re-arrange ver.)

丹下桜

作詞
さくら
作曲
前澤ヒデノリ

そして 季節はめぐり 桜の花 咲く頃

きみとまた ここで逢おう

そう 約束したよね 覚えてる

precious memory


古の記憶に喚ばれ 封印がいま解かれたよ


微の香に包まれ 誘われてく

きみのもとへ 帰れるように


そして 季節はめぐり 桜の花 咲く頃

きみとまた ここで逢おう そう 約束したよね


いつの時代が過ぎて 人の記憶の隅で

忘れそうな ときめきも

その白い花のような 笑顔もつ きみが必要だから


前世で無くした鍵は 大切にきみが持っていた


生まれる前から 決まっていたね

きみと出逢い 目醒めること


いつも となりできみが 微笑んでくれたなら

それだけで しあわせな 夢紡いでいられる


眠ることない都市の 人波に流されて

忘れそうな やすらぎも

そっと触れるぬくもりも きみとなら

もう一度叶えられるよ


季節は過ぎ 花達が散っても

芽吹く生命に 続くように


そして 季節はめぐり 桜の花 咲く頃

きみとまた ここで逢おう そう 約束したよね


いつの時代が過ぎて 人の記憶の隅で

忘れそうな ときめきも

その白い花のような 笑顔もつ きみが必要だから

提供: うたまっぷ