歌詞

氷の国の白夜

ストレイテナー

作詞
Atsushi Horie
作曲
Hidekazu Hinata/Atsushi Horie

氷の中で眠り続ける国

何も動かない

時を刻むのをやめた

右目は今を左目は過去を見る

立ち止まるたび身体の軸がブレる


鏡の中で笑い続ける顔

似ても似つかない

嘘で塗り変えちまった

右手は光左手は陰の中

口にするたび言葉は価値をなくす

今何かを捨てるのさ


濁る水の流れを緩やかに照らして

白い夜の帳を鮮やかに汚して


暖炉の中で灰になる花束

名前も知らない

語らずに問い続ける

入り口はなく出口のない街に生きる

目を瞑るたびイメージはリアルに映る


濁る水の流れを緩やかに照らして

白い夜の帳を鮮やかに汚して

隠して逃がして

提供: うたまっぷ