歌詞

Tremolo

光永亮太

作詞
光永亮太
作曲
光永亮太

忙しい日々の真ん中で

君は突然現れて

無邪気に笑う横顔に

心を奪われた


失くしたあの恋が

まだ邪魔をしてる

どうしても君に

伝えたいけど....


胸に咲いたときめき 行き場を探してる

上下に小さく 泳いで

こぼれそうな言葉を 押し殺してしまうよ

近づいてくほど くぐれない

揺れるこの想いは Tremolo


会話を遮った君は

僕を試すように聞いた

こわれそうな距離の駆け引き

行方占うように


過去が少しずつ

君に染まってく

泣き止んだ空を

ふたり見上げて


握りしめた手と手 まだ消えない戸惑い

左右に大きく 振れてる

はじまりはいつでも 風がそっと運んで

気まぐれに肩を押すけど

反射する想いは Tremolo


何もなかった狭い部屋に

彩りが今日も増えてゆく

新しい朝が来るたびに

温もりが満ちてゆく


歩き出したふたりが 辿り着いたこの場所

交わる世界が色づく

あの日濁した言葉を 今だったら言えるよ

こんなに近くにいるから

交差する想いは Tremolo....

提供: うたまっぷ