歌詞

inner child

島みやえい子

作詞
島みやえい子
作曲
島みやえい子

春を待つ海 埠頭から 渡る風のライン

沿うように 胸のリボンが ふわり なびく

ポケットに 棲みついていた もう一人の私

気配を感じて顔をのぞかせた


ごめんね

私はもうキミを連れては行けないよ

本当の恋を知ったの

まっすぐな彼のまなざしの先を

追いかけたいから


私は二度と迷わない

inner child 淋しがらないで

入れ替わる風の匂いを 一緒に感じて

ほら きっと満ちてくるもので キミは癒されるから


いつだって 私の恋に 口を挟んだよね

幼くて 弱いふりする inner child キミは

抱きしめてくれるものなら 優しげなものなら

たとえそれがニセモノでもよかった


泣いてる

小さなキミを手のひらの上に乗せて

本当は愛されてた

そして今も これからも私の

大切な一部


私が抱きしめてあげる

inner child 彼がしてくれるように

与えることの喜びを 一緒に感じて

ほら きっと満ちてくるもので キミのドアが開くよ


私は二度と迷わない

inner child 淋しがらないで

入れ替わる風の匂いを 一緒に感じて

ほら きっと満ちてくるもので キミは癒されるから

ほら きっと満ちてくるもので キミのドアが開く

提供: うたまっぷ