歌詞

冬唄

スケルト×ゼロソウル

作詞
SKELT 8 BAMBINO
作曲
SKELT 8 BAMBINO

冬の足音がほら 確かに聞こえて来た

君のいないこの季節は 少しだけ震えているよ

楽しい時間だけが いつもあっという間だから

今ではあの日の ふたりがやけに遠くにいるようで


冬の訪れと共に告げる君の誕生日

思い出の場所にひとり

目の前にあの日のふたり

いないはずの君が笑って見えたのは何故?

悔やんだ過去が作り上げた理想なの?


幸せは目に見えないから

その時は気付かないけれど


冬の足音がほら 確かに聞こえて来た

君のいないこの季節は 少しだけ震えているよ

楽しい時間だけが いつもあっという間だから

今ではあの日の ふたりがやけに遠くにいるようで


ふたりで通ったこの道と 一緒に眺めたショーウィンドウ

今は自分を映すよう 見つめ直せと 合うピント

何が犠牲? どっちが偽善? 選べぬ優しさは未来を規制

『君が好き』 その気持ちだけで

ふたりのすべてがハッピーになればよかったのに


幸せは目に見えないけど

ふたりなら見つけられたのに


君の温もりがほら 少しずつ消えてゆくよ

今頃君は誰かの すぐ横で笑っているのかな

つらい思い出だって ずっと忘れないから

今さらあの日の ふたりに戻ることはできないから


いつも一緒にいれた日々

もっと大切にするべきだった

あの頃の自分に 今は少しだけ後悔

ごめんね ありがとう 本当に

今なら素直になれるのに


冬の足音がほら 確かに聞こえて来た

君のいないこの季節は 少しだけ震えているよ

楽しい時間だけが いつもあっという間だから

今ではあの日の ふたりがやけに遠くにいるようで


冬が訪れる度 君のこと思い出すよ

今頃君は誰かの すぐ横で笑っているのかな

失くしてわかるんだね 本当の愛の意味が

それでもあの日の ふたりに戻ることはできないから

もう戻れないから 奇跡がおこるなら

提供: うたまっぷ