歌詞

6つの来し方行く末

森山良子

作詞
鈴木慶一
作曲
岡田徹

八月に生まれ 影を落とし

探してる間に 月日は経ち

夏が来ると 思うのは 日差し眩しくて

失った物が 浮かび上がればと


十一月には コートはおって

悲しみの住処(すみか) 暖めるよ

白い崖の 上に立ち 風を吸い込んで

これまでの道を 吹き飛ばせればと


師走に生まれて 語ることは

あんまり無いけど 一言 言おう

次の年が 来るたびに すべてを忘れて

赤子の姿で 朝寝出来ればと


二月の終わりは いつなんだろう

考え過ぎても 仕方無いこと

春も夏も 秋冬も いつも僕たちは

仕事をしてきた それでいいんだろうと


四月が毎日 続くのなら

花あげられるよ 彼も君も

お誕生日 じゃなくても 気にすることはない

昨日今日明日 生き続ければと


五月の半ばに 一つ増える

歳を数えたら ここにいるのが

解ることも たくさんある 解らないことも

消えて増えてくよ 夏が来ようとも

提供: うたまっぷ