歌詞

泣きむし橋

岩本公水

作詞
喜多條忠
作曲
四方章人

生まれた時から 決まってた

あなたとわたしの 出逢う橋

罪と呼ぶなら 罪でもいいの

離れたくない 離れない

頬に小雨の 泣きむし橋よ


抱かれた肩の ぬくみから

あなたのこころが 通います

何度生きても あなたに逢える

信じられます 信じたい

過去も流した 泣きむし橋よ


涙に数が あるならば

あなたのためだけ こぼしたい

いくら泣いても あなたとふたり

ついてゆきます はぐれない

影を重ねる 泣きむし橋よ

提供: うたまっぷ