歌詞

水月

西方裕之

作詞
たかたかし
作曲
徳久広司

たとえあなたに愛されていても

私ひとりの人ではないから

いつも別れの予感におびえながら

暮らしていたわ

風の匂い忘れた都会(まち)で

水に映った満月を眺め

うしろ姿に涙をながす

月の光を両掌ですくえば

指に触れるものは悲しみばかり


今はひとり 泣いていたい

サヨナラだけが人生と あなたは言うけど・・・


好きとあなたに抱きしめられた日

白い窓からコバルト・ブルーの

海がきらきら輝きまぶしかった

あの夏の午後

髪にふれたあなたの笑顔

水に映った満月を眺め

うしろ姿に涙を流す

月の光を両掌ですくえば

指に触れるものは悲しみばかり


今はひとり 泣いていたい

サヨナラだけが人生と あなたは言うけど・・・


今はひとり 泣いていたい

サヨナラだけが人生と あなたは言うけど・・・

提供: うたまっぷ