歌詞

さざなみ

秀吉

作詞
柿澤秀吉
作曲
柿澤秀吉

僕は波に沿って目を泳がせてる

君は空のほうへ何を見ていたんだろう


ただ時間だけが波風に揺れて流れてた


手のひらを繋いだら

何か変わると思ってた

踏み出せない気持ちが

寄せては返すように


砂に描いたのはあの頃の僕ら

砂に描いたのはこれからの僕らだよ


そっと撫でる様に寄せる波にのまれてった


滲む日が音もなく

闇と僕らを置いてゆく

はじけてく波粒

あやふやな未来


きっと僕らが掴めなかったものなんて

海に映って空に溶ければ

消えていってしまうものなのに


手のひらを繋いだら

何か変わると思ってた

言葉もなく過ぎる時間は

小さくしぶきをあげて


変われないまま滲む僕らと

いつまでもそこで揺れていた

提供: うたまっぷ