歌詞

drop note.

vistlip

作詞
作曲
瑠伊

幸せの意味なんてわからないまま返り咲く事も無く君は枯れていくの?

そうはさせない

君が居なきゃ僕も居ない

少しだけ時間をおくれよ


澄んだ空の下で逢い引き

寂しがり屋と自己中主義

暗幕に浮かぶスワロの様に

星座と揺れる君と二人

"just do it"

器用に生きるなんて無理

願わくばすぐに消えてしまいたい?

"生きる事に疲れた"君に「生きて下さい」と告げる日々


oh shit

bring the noise

造り笑顔の説明書捨てて

Rhythmの残響に続け


お洒落ぶったインテリは相変わらず見下してる

「無力なお前は蟻以下」

そうね幸在る未来が保証出来る筈も無いのさ

だからせめて唄おう


渋谷公衆電話裏を探り

逃げ惑う現状にはR.I.P

手放せないカッターもオヤスミ

俺が見てるよ永遠に君自身

つっても成れねぇから不老不死

だからせめてこの声を枯らし韻とメロ刻むRhythm machine

君救うlyrical murdererに…なりてぇな


oh shit

bring the noise

さぁ此処に君のサインを

"離れない"契約


mannequinは嘘吐かない

何も云わず傍に居る…けどその手はあまりに冷たい

忘れないでね

君が何時も依存する様に僕にとっても必要


「ねぇ、お願い傍にいて。あたしを捕まえていて。身体を弄って。

泣き合い。笑い合い。

だって…"誰か"なんかじゃダメで…"貴方"じゃなきゃダメで…。」

そんな関係でいたい

ウザいぐらいに


お洒落ぶったインテリは相変わらず見下してる

「無力なお前は蟻以下」

そうね幸在る未来が保証出来る筈も無いのさ

だから唄おう


mannequinは嘘吐かない

何も云わず傍に居る…けどその手はあまりに冷たい

忘れないでね

君は独りじゃない事を

此処が居場所と為れ

提供: うたまっぷ