歌詞

alo[n]e

vistlip

作詞
作曲
Tohya

一人暗い部屋ん中

孤独なんてイヤ

誰だってそうだろう

それなのに二人ぼっちはそれ以上の孤独感


心に覗き穴はない

だから僕らすれ違いばかりなんだろうね

この距離が邪魔でよく聞こえないから抱きしめさせて欲しいんだ


冷凍庫の中にはバニラ味のアイスとmemory氷

賞味期限に追われながらそっと眠ってる


ピンク×黒が切れないcolorの様に弱い僕ら織り成していこうよ

「生きる意味なんて…」って云うんなら僕を君の意味にさせて


I love youなんて単純過ぎるけど

他には相応しい表現見つかんないんだ

だから朝の占いコーナーで目覚めたら隣でおはようって微笑みたい


aloneのnがまるでトリカゴに見えたから

君を逃がそうとクリアボタンで消去しました


バラエティ性のカケラもない僕らのstoryずっと演じていこう

誰かの真似なんていらない

オリジナルで代わり無き存在


I wanna be with you

and I love you

面倒臭いぐらいのstyleで丁度いいんだ

君の雨に濡れながら君の空に手をかざすよ


この声が届きますか?

深く…

この唄が届きますか?

ふわり…

提供: うたまっぷ