歌詞

星屑、ボクと君へ。

vistlip

作詞
作曲
瑠伊

真夜中爪を立てる

「私の存在証明。」と捨て猫喘いだ

背中の傷がやがて完治したとして時計は音を止めて


聞かせて

「もし生まれ変われたならまた君がいいんだ。」って悲しみに負けそうな泣き腫らしたグレーで

それが例え"麻痺"で一時の感情だとしても云って欲しかったんだ


ヒビワレハート


あの街へ来てくれたね

自分勝手で気まぐれ

メイクも直させてくれない


貴方がくれた指輪を預けたら私は空へ


捨て猫衰弱


聞かせて

「今は絶対愛せるから、あいつの事返せ。」って頼りない声で晴天へ怒鳴ってくれますか?

それが例え"嘘"で根拠など無い自信だとしてもきっと嬉しかったんだ


なんてね…


許して

二度と会えないから

寂しくて意地悪


流星カケル3回=貴方の事ばかり


ねぇ…あんまり心配させないで?

私が居なくても


-しっかりね-


自慢させて

私の最後の恋人を

提供: うたまっぷ