歌詞

たぶん、青春。

南波志帆

作詞
土岐麻子
作曲
矢野博康

ずっと忘れたふりをしてる

無邪気に笑ってみてもねえ、難しい


皆はしゃいでる帰り道

私はうわの空できみの姿思い出す


ちょうど二年前この並木道で

ふと目と目かさなって

はじまった


さよなら

いつかは

なにもかも忘れてしまう


だけど、青春

輝いた日も

平凡な日々も

こんな悲しみさえ

忘れたくない


もうあれからときは過ぎて

見馴れた絵画館さえ

他人みたいね


そっと季節は変わるたび

語るわ

なにもかもが同じままでいられないと


ボールパークには去年の二人に

よく似た恋人達

ふざけ合う


さよなら

いつかは

なにもかも忘れてしまう


だけど、青春

輝いた日も

平凡な日々も

こんな寂しささえ

忘れたくない


さよなら

いつかは

忘れる日がやって来るわ


たぶん、青春

輝いた日も

平凡な日々も


さよなら

さよなら

あの日の背中に手を振れば

青春の胸騒ぎ

情熱とあきらめの真ん中で

揺れて

戸惑っている


ああまだこんな痛みさえも

抱いていたいよ


もう少し…

提供: うたまっぷ