歌詞

DROP

ROOKiEZ is PUNK'D

作詞
SHiNNOSUKE
作曲
ROOKiEZ is PUNK'D

いつもとは違う 毎日を嫌う 自分自身に会う

いつも通りだね また昨日の真似 鏡の前

かわり映えのない 知り合いでもない 皆とすれ違い

見えない不安に襲われて 投げつけた過去


何もかも全部嫌になって 全てをぶち壊したくて

逃げ場もないまま立ち尽くしていたね

I never wanna drop the whining words

誓えどまた弱音を吐く

つまりはオレも同じなんだよ


飲めもしないのに 買ったblack coffee ソッコウ呼び出すhomies

傷舐め合うように 語る架空のstory そしてまた独り

ステッカーだらけのベンチ腰掛け 見飽きた変わらない長さの影

尽きることない悩みの種 それでも生きていくんだね

現在を見失わぬように 確かめた過去


大切なものはなんだっけ? 問いかけど答えらんなくて

逃げるように目を閉じて朝を待つだけ

I never wanna drop the whining words

誓えどまた弱音を吐く

つまりはオレも同じなんだよ


流されるままに移る景色 馴らされただただ巡る月日

何かがそう崩壊寸前 このままじゃきっと後悔すんぜ

迫りくる人混みの中で 傷だらけで 逆らう流れ

手探りの繰り返しで 重なった過去


何かに期待していたって 裏切りに傷つくだけ

それでも息を吐き続けていくんだね

I never wanna be afraid of the dark

誓えどまた弱音を吐く

つまりはオレも同じなんだよ


虚しさも悔しさも全て握りしめて

見えない明日に立てた中指


何もかも全部嫌になって 全てをぶち壊したくて

逃げ場もないまま立ち尽くしていたね

I never wanna drop the whining words

誓えどまた弱音を吐く

つまりはオレも同じなんだよ


何もかも全部嫌になって それでもまだ捨てらんなくて

気づけば今も歌い続けていたね

I just wanna keep on tryin' hard

強がりの言葉を吐く

そろそろオレは歩きだすよ

提供: うたまっぷ