ミドリカワ書房 「君は僕のものだった」
再生

ブラウザーで視聴する

ミドリカワ書房 「君は僕のものだった」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

ミドリカワ書房 「君は僕のものだった」

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ミドリカワ書房 「君は僕のものだった」

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ
今すぐアプリで見る
ミドリカワ書房 「君は僕のものだった」

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
ミドリカワ書房 「君は僕のものだった」

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

ミドリカワ書房 「君は僕のものだった」

歌詞

君は僕のものだった

ミドリカワ書房

作詞
緑川伸一
作曲
小倉しんこう

髪を短く切ったばかりの 君が笑う

天ぷらそばを啜りながら 眼鏡が曇って真っ白け

強い日差しの下で水着の 君が笑う

子供のような体つきが 海へ走って行く

いくつもの君を閉じ込めた このビデオカメラ

死ぬまで僕は 君を撮り続けるつもりだったのに

真っ暗な部屋 膝を抱えて テレビの中の君を観てる

梅酒のグラス 君が持ち上げ 缶ビールで僕も乾杯する


井の頭公園 池の畔 君が笑う

ボートには乗らなかったのに 何でだよ神様

いくつもの君を閉じ込めた つもりでいたけど

本物の君は 僕を捨てて消えてしまったんだなあ

真っ暗な部屋 膝を抱えて テレビの中の君を観てる

結婚式の 真似事をした このシーンで僕は毎回泣く


いくつもの君を閉じ込めた このビデオカメラ

死ぬまで僕は 君を撮り続けるつもりだったのに

真っ暗な部屋 膝を抱えて テレビの中の君を観てる

裸の君が恥ずかしそうに 僕を見上げて 舌を出した

君が揺れてる 揺さぶられてる 僕は今夜もズボン下ろす

君が叫んだ 僕の名前を 確かに君は僕のものだったんだ

提供: うたまっぷ

関連映像