歌詞

春待ち風

牧野由依

作詞
tetsuhiko
作曲
tetsuhiko

長い 長い 季節の 終わりを告げて ひらり

春待ち風 吹いたら 二人は歩きだす


大げさに言ったら 歴史みたいかな

二人で見た景色だけが 今のわたし作ってきたよ


うまく言えないけど 前よりも少し

自分のことが好きだよ だから受け止められるよ


しゃべる癖 メールの絵文字 似てきたんだね

でも今度逢ったときは新しいわたし


笑顔のまま 手を振るから あなたは忘れないで

まぶしかったわたしを 胸の奥 閉じこめて


長い 長い 季節の 終わりを告げて ひらり

春待ち風 吹いたら 二人は歩きだす


いつもなら時間通りには来なくて

待たされたバスが今日は扉開け

もう待ってる


もしも人が「サヨナラ」ですべての記憶

消してしまう事出来ても 覚えてたいの


興味のないことでも 夢中にしてくれたね

そんな魔法をかけてくれて 嬉しかった


長い 長い 季節の 終わりを告げて ひらり

春待ち風 吹いたら 二人は歩きだす


笑顔のまま 手を振るから あなたは忘れないで

まぶしかったわたしを 胸の奥 閉じこめて


長い 長い 季節が 終わればまた始まる

春待ち風 吹いたら それぞれのストーリー

提供: うたまっぷ