歌詞

美術館

さだまさし

作詞
さだまさし
作曲
さだまさし

ロックウェルの「鏡の前の少女」と

「婚姻届(マリッジライセンス)」の窓辺に咲く花

君の横顔に天窓の秋の光

美術館の壁の閑けさ


もしも僕に絵が描けたなら

君の笑顔だけ描き続けるだろう

吹きこぼれそうな恋を鎮め

庭先の桜紅葉の色が滲む


Oh 君の心が見えたら


フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」

ラピスラズリの気高い孤独

君の白い耳に透ける秋の光

僕はメーヘレンにもなれない


もしも僕に絵が描けたなら

君の笑顔だけ描き続けるだろう

僕だけの恋を庇うように

庭先の桜紅葉の散る音


Oh 君の心に触れたら


もしも僕に絵が描けたなら

君の笑顔だけ描き続けるだろう

やがて僕の美術館には

君の笑顔だけ 飾られるだろう


Oh

提供: うたまっぷ