歌詞

あんじょうやれたら えやないの

天童よしみ

作詞
水木れいじ
作曲
四方章人

着たきり雀と 極楽トンボ

ひと目惚れして なんとやら

どこにとりえと 聞くだけ野暮や

ないない尽くしの このご時世に・・・

あんじょうやれたら えやないの

縁がありゃこそ 人情 雨やどり


しあわせ買うほど お金は無いが

笑う門(かど)には なんとやら

おでん一串 夜風がしみて

涙がでた時ァ なぐさめあって・・・

あんじょうやれたら えやないの

心意気です 人情 雨やどり


似た者どうしで 夜寒に耐えて

待てば日和の なんとやら

まわり舞台の 人の世ならば

あんたの出番は そこまで来てる・・・

あんじょうやれたら えやないの

春を呼ぶよな 人情 雨やどり

提供: うたまっぷ