歌詞

パンの耳

天童よしみ

作詞
山本茉莉
作曲
大谷明裕

ジングルベルが 鳴る頃は 売れない歌手も 稼ぎ時

あの夜は日野から 八王子 スナックまわり歌ったわ


お呼びがかかる それまでは お店の裏が控室

冷たい風に 肩を抱き ビールケースに埋もれてた


寒い夜 あといくつ 越えれば 夢が叶うやら・・・


「お疲れさん」とマスターが 放って投げた パンの耳

サンドウィッチの 切れはしを 油で揚げた パンの耳

あ~くやしいね みじめだね マスター悪気ないけれど

いつかは売れてやるんだと 心に誓った夜だった


ドレスに上着ひっかけて お店をあとにする夜更け

千円札のご祝儀は 三軒分で片手だけ


買う人もない カセットを 鞄にうんと 詰め込んで

今日こそ気前のいい人に 会えるか、なんて 甘かった


ため息は やめにしよ 幸せ逃げてしまうから・・・


だぁれもいない公園の ベンチに座り あおぐ空

ひとくち食べた パンの耳 砂糖のついた パンの耳

あ~シャクなのに 懐かしい 子供の頃が よみがえる

給食のこして帰るたび 母さん作ってくれたっけ


「お疲れさん」とマスターが 放って投げた パンの耳

サンドウィッチの 切れはしを 油で揚げた パンの耳

あ~くやしいね みじめだね マスター悪気ないけれど

いつかは売れてやるんだと 心に誓った夜だった

提供: うたまっぷ