歌詞

並木道 帰り道

手嶌葵

作詞
宮崎吾朗
作曲
谷山浩子

放課後の並木道 お下げ髪がゆれる

早足で歩み去る きみの後ろ姿


丘の上 古い家(うち) 揺れる二つの旗

海原を見つめてた 一人の女の子


僕は遠くから見つめるだけ 今日も

長い時が過ぎても 名前も知らない


放課後の並木道 お下げ髪がゆれる

いつだって少しだけ うなじ寂しそうで


呼び止めて君の かたく握りしめた

その手を僕がそっと ほどいてあげたい

提供: うたまっぷ