歌詞

懐かしい街

手嶌葵

作詞
宮崎吾朗/谷山浩子
作曲
谷山浩子

懐かしい街を 二人で歩こう

君と手を取り合って 言葉はいらない

あの頃の街は 光にあふれて

どんなときでもいつも 輝いて見えた


君が僕を怒らせて 喧嘩したときも

僕が君を泣かせて 途方にくれたときも

街は笑っていて 僕らを包んでいた


懐かしい街で 二人は育った

坂を登ればそこに 今でも見えるよ

つつましい暮らし やさしい人たち

変わるもの 変わらぬもの 見おろす青空


僕が君に打ち明けた 胸の悲しみを

君がそっと両手で 受け止めたあのときも

街は笑っていて 僕らを包んでいた

ふたりを包んでいた

提供: うたまっぷ