歌詞

約束

ALvino

作詞
作曲

春の風が優しいのに胸が焦げた それは君に出逢えたからあたり前だろう?

空の蒼さ、桜の色、風の匂い 比較してもバカらしいほど君はキレイです


出逢った日からなにも変わらない胸のぬくもりが

静かな街の上空にまで溶け込んで見えた

君の命が儚いなんて信じられなかった

桜が散った春の日


僕に音と光が届かなくても 君を届けてほしい

それがたった一つの約束 永遠の約束をしよう

人は愛のとなりでいつも生きてる それは変わらないでしょ?

君とともに生きている僕を いつも見守ってほしい


春の雲が忙しなくて胸ときめく それは君が僕の心満たしていたから

空の朱さ、涙の色、土の匂い あたり前に並べないよ君はキセキです


ともに過ごしたこの想い出のひとつひとつには

言葉にならない風景がほら溢れだしてくる

どんな場所でも僕らのままで一緒にいれたら

それなのに君は空へ


僕に音と光が届かなくても 君を届けてほしい

それがたった一つの約束 永遠の約束をしよう

人は愛のとなりでいつも生きてる それは変わらないでしょ?

今はひとりきりのこの僕を いつも見守ってほしい


晴れわたる空 一羽の鳥が 羽ばたいていく

陽だまりの中 君のもとへと 高く飛んでいくよ

いつだって いつだって 君のそばへ

何度でも 何度でも 会いにいくよ


僕に音と光が届かなくても 君を届けてほしい

それがたった一つの約束 永遠の約束をしよう

人は愛のとなりでいつか朽ちてく それも変わらないこと

どこにいてもずっと憶えてる それが約束だから

提供: うたまっぷ