歌詞

しんしんしん

キセル

作詞
松本隆
作曲
細野晴臣

古惚け黄蝕だ心は 汚れた雪のうえに

落ちて 道の端の塵芥と混じる

何もかも嫌になり 自分さえ汚れた雪

のなかに消えて 泥濘になればいい

車が驟る白いものは雪 人が歩く

雪は白い 都市の裏の吹き溜り

其の時ぼくは見たんだ もっと深く韻く

何かを 黙りこくった雪が墜ちる

都市に積もる雪なんか 汚れて当たり前

という そんな馬鹿な 誰が汚した

提供: うたまっぷ