歌詞

太陽とイーリス

UNCHAIN

作詞
谷川正憲
作曲
谷川正憲

息をしてさ こうやって そっと

脈打つ鼓動 感じて ずっと

君と見てたこの空が 鮮やか


歩くことをあきらめてた

僕の足はもう動かない


終わりへとだらだら続く道の隅っこ咲いていた君が

太陽に寄り添っていた


息をしてさ こうやって そっと

脈打つ鼓動 感じて ずっと

君を抱いたぬくもりは あたたか


絶望をただただ辿る道でもたった一人の君と

同じ景色が見れた


息をしてさ こうやって そっと

脈打つ鼓動 感じて ずっと

君の隣が一番 穏やか なぜだか


重ねた言葉

色とりどり浮かび上がる


息をしてさ こうやって そっと

脈打つ鼓動 感じて ずっと

世界は美しくて 残酷


いつまでも遠い空 見上げる

僕は生きているんだよね?

ねぇ涙が止まらない

問い掛けても君は目を

開けない


君の言葉が浮かぶ

風に吹かれて消える

君の涙が揺れる

空に溶けて無くなる

僕の願い儚く

うたかたに弾け飛ぶ

君の心は全部

夜に潜む星屑

提供: うたまっぷ