歌詞

牛乳

高橋乳

作詞
高橋優
作曲
高橋優

コンビニの店員さんがビニール袋に入れそびれちまったストロー

しょうがないからパックの上をこじ開けてすすり飲んでる牛乳


そういえば小学校の給食のとき君はいつも牛乳を残すから

代わりに飲んでやるって毎日のようにもらってたの思い出す


今頃君はどこで何をしてるのかな…。

今でも牛乳は嫌いなままなのかな…。

代わりに飲んでくれる人は今も近くに居るのかな…。

同じ空を見上げてるかな…。


500ml 115円の牛乳パックをすする僕


あの夕焼けに照らされたビルの窓 真四角に切りとられた空

せわしない日々に少し疲れた オレンジ色の街

真っ白な恋の味


過去ばっか増えてって未来が減ってくだけの現状は嫌いじゃないけど

16時半の憂いと牛乳の味に涙がこぼれた


そう言えば風の噂で君が結婚したってことを知ったんだよ

ウエディングドレスの画像くらい誰かとっといてくれてるよな。


一日一日必死をこいて生きてる

世知辛い人や物にぶつかる日もある

代わりに生きてくれる人なんてどこにも見当たらないので

尚も僕らは明日へ向かう


最後の一口が少しだけしょっぱくなっちまった僕の牛乳


あぁ夕焼けに照らされた部屋の窓 その向こう側に君想う

せわしない日々にさしのべられた 青春の面影

真っ白涙の味

提供: うたまっぷ