歌詞

花のように

高橋優

作詞
高橋優
作曲
高橋優

本音とは無関係な顔作る そういうことにちょっとずつ慣れてきて

「お前も大人になったんだな」って 誰かの些細な一言に戸惑う


"本気で笑えているかい?" そういう歌を聴けば

胸の奥にチクッと刺さった針が また痛み出すのさ


この街の中で強く生きてくため 僕ら思い思いの鎧まとって

向かい風を耐えて咲き誇ってる


心の中じゃ泣きたい時だってある だけど歯喰いしばって口角持ち上げて

笑っているんだ 花のように


「出会いと別れと酒と仕事… あと何を繰り返すのが運命だろう?」

火曜日午前3時中目黒 誰かのつぶやき声がやけに残ってる


人生とは何ですか? そういう話を聞けば

胸の奥に溜めてたダムが溢れて瞼を濡らしてるのさ


幸せになるための傷跡がまた 一つ二つと増えていくけれど

辛いことばかりは続かないから


雨空の向こう側に虹が架かる そんな景色にまた巡り逢えるから

唄っていくんだ いつまでも


この街の中で強く生きてくため 僕らはときどき裸のままで

人の温かさを肌で知る


いつだって幸せでありたいけれど 一概にそうとは呼べない日々を

心の限りに味わって


幸せになるための傷あとがまた 一つ二つと増えていくけれど

辛いことばかりは続かないのさ


雨空の向こう側に虹が架かる そんな景色にまた巡り逢えるから

唄っていくんだ いつまでも


笑っていくんだ 花のように

提供: うたまっぷ