歌詞

八月の夜

GARNET CROW

作詞
AZUKI七
作曲
中村由利

空と地上つなぐairport向かう夜更け

外灯のない海岸沿い走らせてた

手探る闇の中求めていたものは

破滅に似た優しい日々すべてを変えるような


destiny or mystery 流れた時はもう

長い夜 揺れる記憶 たとえば夢の合間


それは八月の夜のこと

まるで星は雨のよう

届かぬ輝きがまた消える

空を眺めて過ごした

無数の言葉の中で何も

選べずにスベテを捨てた

あの日の心地よさに抱かれて

なぜ涙はおちてくの


夜空零れ落ちる大切な何かを

守ろうとして繋いだ手を離してたみたい


reality or fantasy 廻りあう時には

愛しさ やさしさ もどかしさに潜む


それは八月の夜のこと

眠りよりも不思議な

温もりに包まれる夢の夜

クチナシの甘い香り


心を傷つけることなしに

心に触れること出来ず

何一つ守れずにいるような

無力さにのまれる夜

何処までも深い夜空

提供: うたまっぷ