歌詞

Immigration Man

南佳孝

作詞
松井五郎
作曲
南佳孝

嗄(しわが)れてる背中

風に無理に押され

人の群れに 飲み込まれて

なにが見える


錨のない船と

呼んだ人生なら

積んだはずの 夢はどこで

失くしたのか


運命だと決めた

逃げ道などいらない

躊躇うほど怯えて

心は痩せてゆくのさ


女神がいま伏せた

カード並べられた

時の先に 見たことのない

明日がある


俺たち名前のないimmigration

俺たち死ぬまでずっとimmigration


酒と薔薇に酔った

日々をしまい込んだ

箱の鍵を 捨てた海は

そう遠くない


媚薬も毒薬も

楽しんできただろう

まちがいから生まれる

真実(ほんと)がきっとあるのさ


涙の跡 触れる指に

思い出とはどこか違う

形ではない

答えがある


俺たち名前のないimmigration

俺たち死ぬまでずっとimmigration


俺たち生まれながらimmigration

俺たちいつまでだってimmigration

提供: うたまっぷ