歌詞

一本釣り

島津亜矢

作詞
阿久悠
作曲
浜圭介

日暮れ港に 花火があがり

祭ばやしが 地べたを走る

負けてなるかと 大漁旗を

風にハタハタ なびかせる


色気なんかは 男の餌よ

おあいにくねと 肩肘はって

化粧知らずの あの娘も今夜

年に一度の 紅を塗る


惚れたよ 惚れたよ

冗談ぬきだよ まっしぐら

一本釣りだよ おまえの心

一本釣りだよ おまえの心


星が降るよな 夜空の下で

ギター抱えて 恋唄うたい

あの娘しのんだ 三月と十日

やがて終わると 気がはやる


おさななじみの 気やすさだけで

愛だ恋だに 照れてたけれど

今夜おとこの 匂いを嗅がせ

頬をまっかに 染めさせる


惚れたよ 惚れたよ

冗談ぬきだよ まっしぐら

一本釣りだよ おまえの心

一本釣りだよ おまえの心


惚れたよ 惚れたよ

冗談ぬきだよ まっしぐら

一本釣りだよ おまえの心

一本釣りだよ おまえの心

提供: うたまっぷ