歌詞

群衆

秀香

作詞
Dizeo Enrique/訳詞:岩谷時子
作曲
Cabral Angel

私は思い出す あの日を

街の祭りの あの日を

あの日あの人が いつの間にか

私のそばに 押されて来た

ふたりは 人の波間に

ただよいながら

もまれては 肌をふれあい

そして いつかひとつに結ばれ

幸せに酔いしれた 街の祭り

汗ばむ指をからませては

踊りくるう ファランドール

恋の踊りよ

強い腕に 抱かれて飛びあがる

喜びにあふれた ふたりだったよ


あなたの ほほえみは

この身にしみて 私を酔わせた

だけど人の群れは やがて

この手から 恋を奪い去った

私は 人の波間に

さまたげられて

あなたの姿を失い

叫びもまた

あなたにとどかない

わたしは 怒りの涙にぬれて

人の陽気なさけびと

笑いの嵐に 遠くへ連れてゆかれた

あなたをくれて

あなたを奪い去った

人の群れを 私はのろうのだ

提供: うたまっぷ