歌詞

もう好きになってはいけない

ZERO

作詞
松井五郎
作曲
都志見隆

ふいにあなたに逢いたくて

胸が震えていた

それが誰かを裏切ること

知らないふりはできない

返信の履歴だけ消してゆく冷たい夜

大切な気持ちを抑えてた

抱きしめようとすればするほど

ふたりには残酷な幸せがある

引き裂かれても狂いそうでも

あなたを好きになってはいけない


他人(ひと)はどこかで嗤う(わらう)でしょう

ただの幻だと

思いがけないめぐり逢いに

ときめいたのも忘れて

嘘ばかりつきながらいつのまに枯らした花

過ぎてゆく時間を責めてきた

抱きしめようとすればするほど

それぞれを苦しめる真実がある

心が深くひとつでいても

あなたを好きになってはいけない


飛び込めば あたたかく受け止めてくれるだろう

ほんとうの気持ちはわかるのに

抱きしめようとすればするほど

ふたりには残酷な幸せがある

引き裂かれても狂いそうでも

あなたを好きになってはいけない

提供: うたまっぷ