歌詞

Up And At It

bird

作詞
bird
作曲
Wes Montgomery

夜明けが再び目を覚ますまでずっと

今宵も二人で肌を寄せあいもっと

熱くこみ上げるからだに酔いしれて

燃えつきることなく闇にのめり込む


こわれるほどに

切り裂くまでに

指をからめて

見失っていく


今宵は甘いゼリーの船に浮かんで

あなたの匂いをからだ中で知って

あやしい影の笑顔も気にしないで

キスの雨に打たれてゆっくり眠る


血の涙まで

渇きだすまで

激しく抱いて

溺れていくまま


溢れだした気持ちは変わらずにまたきっと

透明の月が二人を呼び戻す

寝坊した鳥達と一緒にまたずっと

わたしがあなたに朝の歌を歌って


こわれるほどに

切り裂くまでに

指をからめて

見失っていく

提供: うたまっぷ