歌詞

歌に形はないけれど

山音まー

作詞
doriko
作曲
doriko

薄紅の時を彩る花びら

ひらひら舞う光の中

僕は笑えたはず


鮮やかな日々に

僕らが残した

砂の城は波に溶けて

きっと夢が終わる


真っ白な世界で目を覚ませば

伸ばす腕は何もつかめない

見上げた空が近くなるほどに

僕は何を失った?


透きとおる波

映る僕らの影は蒼く遠く

あの日僕は世界を知り

それは光となった


僕は歌うよ

笑顔をくれた君が泣いてるとき

ほんの少しだけでもいい

君の支えになりたい


僕が泣いてしまった日に

君がそうだったように


僕がここに忘れたもの

全て君がくれた宝物

形のないものだけが

時の中で色褪せないまま


透きとおる波

何度消えてしまっても

砂の城を僕は君と残すだろう

そこに光を集め


僕は歌うよ

笑顔をくれた君が泣いてるとき

頼りのない僕だけれど

君のことを守りたい


遠く離れた君のもとへ

この光が

空を越えて羽ばたいてゆく

そんな歌を届けたい


僕が贈るものは全て

形のないものだけど

君の心の片隅で

輝く星になりたい

提供: うたまっぷ