歌詞

スワン

Galileo Galilei

作詞
尾崎雄貴
作曲
尾崎雄貴

アヒルのまま アヒルのまま

裸足で君とからんだり 嘆いたりした

いつまでも いつまでも

終わりを感じたくないな どこかで


まばゆい光 まばゆい光

風切りの羽を伸ばして 伸ばしていく

苦しくなったし つまらなくなったし

君は白鳥になってさ なんだか


太陽に近づいていくような毎日to毎日

心療内科の受付横の窓からみえた

砂場の如雨露に苔がむす

揺れていたブランコは一つに結ばれ

「ここにいる」なんて言葉は嘘になるんだろうな


笑ってほら 笑ったほうが

どうせ間違いになっても綺麗に見える

ねじった羽 飛ばない鳥

この街が忘れていくのは 白鳥の群れ


太陽に近づいていくような毎日to毎日

抜けていく羽に埋もれて今が終わっていく

いつしかあたりは暗くなる

街灯に集まる蝶々は死に

君と最後に放ったボールは海の向こうへ

太陽に焦がされて おかしくなったフリをしよう

「ここにいた」その言葉だけは嘘にしないで

消えていく君の影と追いかける僕の影は

アヒルのまま

アヒルのままで

提供: うたまっぷ