歌詞

リバーサイド ホテル

庄野真代

作詞
井上陽水
作曲
井上陽水

誰も知らない夜明けが明けた時

町の角からステキなバスが出る

若い二人は夢中になれるから

狭いシートに隠れて旅に出る


昼間のうちに何度もKissをして

行く先をたずねるのにつかれはて

日暮れにバスもタイヤをすりへらし

そこで二人はネオンの字を読んだ


ホテルはリバーサイド

川沿いリバーサイド

食事もリバーサイド

Oh- リバーサイド


チェックインなら寝顔を見せるだけ

部屋のドアは金属のメタルで

シャレたテレビのプラグはぬいてあり

二人きりでも気持ちは交い合う


ベッドの中で魚になったあと

川に浮かんだプールでひと泳ぎ

どうせ二人は途中でやめるから

夜の長さを何度も味わえる


ホテルはリバーサイド

川沿いリバーサイド

食事もリバーサイド

Oh- リバーサイド


ホテルはリバーサイド

水辺のリバーサイド

レジャーもリバーサイド

Oh- リバーサイド

提供: うたまっぷ