歌詞

静寂の中、その矢は放物線を描く

LAST ALLIANCE

作詞
MATSUMURA
作曲
MATSUMURA

一握りの青に誓った無茶な約束が

静寂に足踏みしたままの僕を揺らす


偶数の歩み寄りと 奇数の僕らしさと

割り切れない思いだけ 置き去りに旅に出る


破壊力満ちた矢は放物線を描いて

人知れず嘆きの海へ


何の涙なのか分からず ただ苦しくて

探せば探すほど 埋められないパラダイム


喜び悲しみ 分かち合った僕らが

重ねたリングから撃つ矢を


秘めれば 秘めるほど 胸はえぐられ

僕はあなたを失い

堪えれば 堪えるほど 溢れ出してゆく

剥き出しで切り裂いてしまえば 楽になれるのかな?

吐き出してこわしてしまえば 僕に届かない


錆び付いた弓 千切れそうな弦

なけなしの力振り絞り 夢想宿したんだ


いつか訪れるお別れの 限られた瞬き

睨みつける あの日の弓張月を見上げた


剥き出しで切り裂いてしまえば

吐き出して壊してしまえば


堪えればこらえるほど 溢れ出してゆく

提供: うたまっぷ