歌詞

スーパー・ノヴァ feat.ミキト

古川本舗

作詞
古川本舗
作曲
古川本舗

見上げては、遠く 光のほうへ。只、手を伸ばした。 スーパー・ノヴァ。触れた指は焦

げて、 昨日に溶けた。忘れたくはない、な。 スーパー・ノヴァ。「流れ星、逃げるな。」

遠すぎる世界へ――

気がつけばいつだって、 気が遠くなるほど、離れていった。思いよ、響け 会えない人

まで忘れたふりだと わかってたんだろう?白い腕を握り、 唇を噛んだ応えない日々は

泡になったろう?引きずった足跡が 標になった。消えないらしいぜ。 スーパー・ノヴ

ァ。跡に落ちた影が 深く見えた証を照らすのは、 想いよ、届け 逢えない人まで「叶

う事は無い」と、 塞いだんだろう?閉じた瞼さえ 透かし、照らす光この夜が朝に繋が

るとき。想いを、唄え 逢えない人まで明日が来る夜を 迎えたんだろう?指折り数えて

その日を待っている。伸ばしたこの手に触れる時を。想いよ、届け。 思いよ、響け。

提供: うたまっぷ