歌詞

グリグリメガネと月光蟲 feat.クワガタP

古川本舗

作詞
古川本舗
作曲
古川本舗

真昼の月へと 浮かび上がった 真っ白に光る月光蟲「こころを一房噛みちぎって、届

けに行くのだ。」 と、いうのです。グリグリメガネの郵便屋は 「おれが伝える。」 と

声をかけたでも、ひらり。 飛んでったそのあとには 椨の灰が残るだけでした。煙が、

また消えた 大人に、ならないんだナァ…。響いた想いが、夜を撫でた。

言葉に成れないまま、 土に染みて消えるような想いが、音を立てた。 思い出せるよう

に。唄え、踊れ 泣いたりはしないぜ 聞こえるだろう? 戻るつもりは…ないか。唄

え、踊れ、 目を伏せたくらいじゃあ 隠せないんだナァ…。やがて、想いは滲んだよう

だ。 夜をかきわけて、赤い火が灯ったらせめてほら、響け また今日が来ても 思い出

せるように、その日を超えられるように。

提供: うたまっぷ