歌詞

幸せの予感-June Bride-

高野千恵

作詞
高野千恵
作曲
HAPPO

何気ない空気と 隣にはあなたが

近づきたいそっと 視線から感じて

大切すぎるから 傷付けたくもなる

うらはらな気持ちを 上手く伝えられず


光が射す方に 寄せられて

歩いていく事 少し怖いけど


初めて想えた いつまでも

出会えたまま変わらないで

そして今 新しく

動き出した予感がして

その優しさ その背中も

その全てが 愛しいから


恥ずかしいくらいに ありのままの心

あなたに見せていく そう胸に誓って


二人の未来 幸せ色に

染める言葉を そっと呟いて


初めて想えた いつまでも

今日という日を紡いでいく

運命の 出会いなど

ありえないと想っていたから

その襟足 その指先

その全てが 愛しいから


いつか年老いて 想い出も

何もかもが色褪せずに

ありふれた日々の中

あなたがいて また微笑む

そんな事を想像して

物語は続いていく

提供: うたまっぷ