歌詞

エトワール

ハナエ

作詞
ハナエ
作曲
ハナエ

錆びた夜に ただ眼を瞑って

血液を循環らせているだけ


祈るだけで何か変わるとでも?

気が触れる前に脳を使って、ね


笑って

つらくても笑ってよ、ねぇ

傷は癒えないままで歩く

だって時計が進めるだけの現在に

もう 興味など無い


とても寒くて でも眩しくて

前を見ていられなくて


振り向いたらもう戻れない世界

気が触れぬように声を枯らして、ね


笑って

怖くても笑ってよ、ねぇ

傷付き慣れて止まった感覚

一瞬だけでも真実に触れた右腕を、返して


笑って

つらくても笑ってよ、ねぇ

傷は癒えないままで歩く

だって時計が進めるだけの現在に

もう 興味など無い


笑って

怖くても笑ってよ、ねぇ

失う事が怖いわけじゃない

一瞬だけなら可能な限り遠くまで

光を見る為に

提供: うたまっぷ