歌詞

空が笑ってる

plenty

作詞
江沼郁弥
作曲
江沼郁弥

窓枠で切り取られた景色眺めてると

胸にポッカリ大きな穴があくの

あの煙突の煙が雲になってるんだと

そう信じてたのどれくらい前だったかな?


でもさ雲に触れたら何か変わるかな

カラフルな雨がからかうかな


円になったよ ほら 円になったよ

色と色が手をつないでる

円になったよ また 円になったよ

明日は晴れるかな


着ぐるみのウサギからもらった無色の風船

他人が嫌いなみんなが繋がろうともがいてる

空に自由を尋ねて月に未来を委ねて

それで何か分かった? 何か変わった?


だからさ夢のあるものは大人だましでさ

可愛らしいものは子供だまし


円になったよ ほら 円になったよ

誰と誰が手をつないでる

円になったよ でも 演技だったよ

嘘だから さよなら


色とりどりの真実の渦の中 ボクはうずくまる

未来が支度している 支配しているんだ

頭痛いな


ヘンになったよ ヘンになったよ

背を向けて 目を閉じてさ

もういいかな ねぇ 誰かいないかな

もう誰もいないんだな


ひとつ ふたつ 雲が浮かんでる ボクを連れてってよ

ふわふわ ゆらゆら くすぐったい風が吹く

空が笑ってる

提供: うたまっぷ