歌詞

12月、そして雨

白鳥座

作詞
たかひらゆたか
作曲
たかひらゆたか

"あなたを愛しているけど

しばらくひとりにして

あなたの気持ちは分かってる"


きみは少し震えながら

言葉を探している

降り始めた雨にそして僕は目を移す


交差点の向こうで

誰かが燃えるような

ポインセチア抱えてタクシーを探してる


せめてふたり終わるのならこの雨が

今夜迄に雪に変わればと思う


"あなたを選んで幸せに

落ち着くより私は

もう少し自由になりたい"


きみは初めて僕の事を

まっすぐに見つめてる

12月の雨に街は色を消して行く


急ぎ足に背中を

押されてポインセチア

アスファルトに落ちて赤い色が雨にはじけた


ふいに胸をつかれた様な気がして

もう一度だけきみを抱きしめたくなる


せめてふたり終わるのならこの雨が

今夜までに雪に変わればと思う

提供: うたまっぷ