歌詞

鬼無里村から

白鳥座

作詞
たかひらゆたか
作曲
たかひらゆたか

鬼無里村から儚い便り

「いつまで」 と書きかけて破いた便り

雪溶け水潤う裾花の瀬に

遠く離れた愛しい人を待つと決めた春


文殻重ねるほどに思いは募る

呼べどもかえらぬ谺を恨む

若葉燃ゆ山の青 水芭蕉の白

揺れては惑い疑う我が身哀しみ識った夏


鬼無里村へと便りが返る

「待つ人は戻らぬ」と便りが返る


哀れもみじ葉その身思いに染めて

一際赤く燃え焦がれて恋散り急ぐ秋


一際赤く燃え焦がれて恋散り急ぐ秋

提供: うたまっぷ