歌詞

きみのカセットテープ

白鳥座

作詞
たかひらゆたか
作曲
たかひらゆたか

きみがくれた1本のカセットは

はじめの3分で終わってる

改めてきみの名前と血液型と

住所と電話番号


それから季節のあいさつ

ひとしきり終わって咳ばらい

そして「好きです」そう言ったきり

黙ったきみの後ろで柱時計が

チクタク チクタク


ひと雨毎に深まる秋に

そんなきみの思い出を聴いている


「聞き終えたら消して下さい」と

ラベルに書かれてるきみの文字

けれどふたりのふたりだけのこれからを

みんな消してしまったのはきみ


何度も繰り返して聴けば

今でも鮮やかに甦る

あの日「さよなら」そう言ったきり

駆けて行ったきみの背中に時計台が

ディンドン ディンドン


ひと雨毎に深まる秋に

そんな君の思い出を聴いている


ひと雨毎に深まる秋に

そんな君の思い出を巻き戻す

提供: うたまっぷ