歌詞

日めくり

白鳥座

作詞
たかひらゆたか
作曲
たかひらゆたか

西陽がやさしく影を伸ばす

細い裏通り学生通り

ふたりで見つけた狭い部屋の

窓ガラス染め乍ら春の陽は暮れた


昨日は昨日で忘れて来た

"今日"それがすべてだった

泣き乍らお互いの頬をぶった

信じていたから悲しかった


もしもあの時少しだけでも

もしもあの時お互いに譲り合えたら

唇をかみ乍らまとめた荷物を

今故郷へ送り返した


煙草の焦げと涙の染みが

ポツリポツリ残る畳を拭いた

あの人は今頃また何処かで

飲んで砕けて梯子酒


明日は明日で暮らして来た

"生きる"それがすべてだった

日めくりを破いて裏に書いた

"さよなら"の代わりに"愛してた"


もしもあの時出て行く人の

もしもあの時後姿にすがりつけたら

ドアの柱日めくりを画鋲で留めて

今故郷へ……

提供: うたまっぷ