歌詞

ひとつ覚えの歌

白鳥座

作詞
たかひらゆたか
作曲
たかひらゆたか

まるで子供の様だと

すねる私を笑っていた

愛の言葉も要らなかった

無口なあなたが好きだった


雨の降る日に小さな

赤い傘の中で聞いた

ひとつ覚えにしては下手な

あの人の歌が懐かしい


あなたの冷たい手を握りしめ乍ら

ふたりこのままでと祈った

煙草の匂いの染み込んだ腕の中

肩を抱かれ

雨に濡れた舗道を

転がる様に歩いた

何もかも あなたにまかせて


ひどく面倒臭そうに

一度だけ私の事を

"好きだ"と言ってくれた人と

別れたのも雨の降る夜


広い歩道橋の上

テールランプいくつも流れ

遠く煙る街の灯りが

訳もなく悲しかった夜


あなたの真似をして煙草をくゆらせる

涙 流れるままにひとり

あの頃 ひとつ覚えにしては下手だった

歌を聴けば

シャツのボタンをふたつ

はずしていたあの人の

声が 今でも聞こえそう

提供: うたまっぷ