歌詞

画用紙

白鳥座

作詞
たかひらゆたか
作曲
たかひらゆたか

僕達の未来をどんな風に描いて

どんな色でそれを染めて行こうが

僕達だけの自由だったから

とても大切な何かを忘れていたんだ


下書きを終えて色付けを始めて

その色はとてもきれいだったのに

筆を洗う水は僕達の様に

溶け合い乍らやがて濁っていった


一枚の真白な画用紙にふたりで描いた僕達の

これからを染めるのは明るい色ばかりのはずだった


パレットの上にきみは惜しげもなく

優しさを並べ僕を描こうとした

そして僕は僕でありったけの愛で

その上にきみの横顔描こうとしていた


僕達の未来は描いて行く程に

お互いの絵に濁って行くばかり

きみは筆を捨てて僕は筆を折って

それぞれに終わりを確かめる他になかった


一枚の真白な画用紙にふたりで描いた僕達の

これからを染めるのは明るい色ばかりのはずだった

提供: うたまっぷ