歌詞

CHAPTER:ask

vistlip

作詞
作曲

蛍光灯に蛾がじゃれている

感電死に枯れ落ちていく

僕はそれを黙り込み見つめている

何でまた胸が痛いのかな


一瞬だけ吹雪が荒れる

朝焼けのせいです

この部屋青く染まれば

鬱陶しい存在一つ

性懲りも無いね

時間厳守で現れて来た


さっきからドアの隙間から見ている髪の長い少女は白いワンピースが似合う

バタバタ走り回り耳障り

御機嫌斜めな僕は髪を掴んで浴槽に閉ざす


こんな創り話が何のために在るのかきっと意味すら理解出来ずに淡々と謡う君が居る


こんな創り話を死ぬまで突き通せばきっと嘘も嘘では無くなって幽霊に会える気がしてた


一瞬だけ炎上して行く

夕焼けのせいです

この部屋赤く染まれば


さっきから天井に見え隠れしている髪の長い少女の黒い影が見つからない

あんまり悲しそうにしているから御機嫌斜めな僕は「仕方無い・・・。」と華を添えました


こんな創り話が何のために在るのかきっと今でも理解出来ずに淡々と謡う君が居る


こんな創り話を死ぬまで突き通せばきっと嘘も嘘では無くなって


「ねぇ?」


こんなにもあなたは綺麗で

こんなにもあなたは聡明で

こんなにもあなたはあなたで

こんなにもあなたを愛してる

こんなにもあなたは透明で

こんなにもあなたは虚ろで

こんなにもこんなにもあなたは・・・あなたは・・・嗚呼


御覧硝子みたいな身体

修理費は誰が呉れんのさ

堪えきれずに浮かれた花にさえちゃんと相手が居るのにな

灰まみれの季節が黒く愛被れの街を染めてく

大嫌いだ大嫌い

僕は・・・僕は・・・

提供: うたまっぷ