歌詞

妖艶恋桜花(あやかしのはな)

小野由紀子

作詞
円理子
作曲
円理子

花吹雪… 夢か うつつか まぼろしか

公達(きみ)の面影 妖しく揺れる

桜花(はな)よ 桜花(はな)よ 桜花(はな) 妖(あやかし)の桜の精(はな)

なぜに 今宵は 散り急ぐ

いいえ… 千年生きても 恋や恋

たった一度の 恋に散れ


朧月… 淡い 月光(ひかり)は 薄衣(うすごろも)

尽きぬ情念(おもい)を 妖しく包む

桜花(はな)よ 桜花(はな)よ 桜花(はな) 妖(あやかし)の桜の精(はな)

乱れ心を 隠すため

いいえ… 隠しはしません 恋や恋

朽ちて この身が 果てるとも


篝(かがり)火(び)よ… 愛情(あい)の焔(ほむら)が じりじりと

風を誘惑(さそ)って 妖しく燃える

桜花(はな)よ 桜花(はな)よ 桜花(はな) 妖(あやかし)の桜の精(はな)

いつか 散り行く 運命(さだめ)花

いいえ… 叶わぬ恋でも 恋や恋

灰になろうと 悔いはない

提供: うたまっぷ