歌詞

7月26日未明

吉田拓郎

作詞
吉田拓郎
作曲
吉田拓郎

たとえそれが叶わない夢でも

自分を殺してまで生き続けるよりは

道ばたの小石になろうとも

今動かないよりはまだましなのさ


目まぐるしい時の流れなど

横目でにらみつければいい

変わらない心がある限り

人のそしりは通り雨のよう


幸福の大きさなど計れないもの

不幸の深さは闇の奥まで続く

いずれに身をゆだねていたところで

明日が形を変えるわけじゃない


越えなければならないものがある

語らずに行かねばならない時がある

コップ一杯の水を一息に飲み干して

朝のうちに外の雨を感じよう


言葉に酔いすぎた人々は

満足という定期便を待つばかり

心は貧しくなっているけれど

現実には充たされた気分


踏切を通過する満員電車

あらゆるため息をつめ込んでいる

どこの駅で誰が降りようとも

ベルにせかされ電車は走り出す


生きていくのがそれこそわずらわしい時がある

恥をさらすには それだけ利口になり過ぎて

だけど船はまだ港の中

乗り遅れそうなのは誰

間に合うさ 間に合うさ

遅すぎる事は無い


人を愛したり 人を拒んだり

何かを奪ったり 束縛されたり

人生のメニューはいつも多すぎて

一つだけを選べないでいる


つけっぱなしたままのブラウン管からは

欺瞞に満ちた笑顔とやさしさが

現実を伝えるニュースの合間に

土足のまま入り込んで来る


人は生まれた時すでに旅をしている

頭の中にそれぞれの地図を広げ

誰かとの出会いで立ち止っても

旅人を引き止める鎖は無い


すべてが終わってしまったわけじゃない

今何かを始めればそれでいい

荷物をまとめようとしなくても

その中の1つだけ携えていこう


生きていくのがそれこそわずらわしい時がある

恥をさらすには それだけ利口になり過ぎて

だけど船はまだ港の中

乗り遅れそうなのは誰

間に合うさ 間に合うさ

遅すぎる事は無い

提供: うたまっぷ